プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > プロマネに役立つオススメ本 > あなたの人生の鍵を握るのは誰?

2004年7月 9日

あなたの人生の鍵を握るのは誰?

紹介者:
株式会社アイ・ティ・イノベーション 代表取締役 林 衛
出版社:
主婦の友社
著者:
ブライアン・マーティン&ピーター・ローフェン
価格:
1,470円(税込)

本書の英文版をはじめて手にしたのは、2000年11月に私の会社で実施した「会社と個人のビジョン創りのためのセミナー」の席であった。その後、日本での出版に向けて多くの人の努力の結果、ようやく世に出すことができた。著者のBrianと奥様の慧子さんは、どんな状況でも笑顔を絶やさない素晴らしい人格の持ち主であり、また、本書の翻訳を担当した大空さんも本格的に心理学を勉強した優れた通訳・翻訳者である。この素晴らしいチームで本書は、出版が決まるまでに3年、制作・編集に1年近くを費やし完成した。

Brianと私は、国籍、年齢や経験に違いはあるが、良き友人である。また、彼はビジネス界での先輩で成功者でもある。
苦労を重ね成功した人からは、学ぶことが多い。この本は理想論ではなくシンプルに成功するための秘訣を一つ一つ経験から積み上げた方法論になっている。

私は、この本を「リーダーとして重要な決断をする際の方法論」として活用している。
経営においても家庭においても先が見えない中で決断を余儀なくされることがある。人間は、重要な場面でしばしば間違った決断をしたり、方向を見失ったりするものだ。

また、いろいろなプレッシャ、時間の無い中で、感情的になったり、不正直になったりすることがある。

本書は、人の道を教えてくれる。「生き方」「考え方」の基本を教えてくれる。
つまり、悔いの無い生き方をするための教科書であるといえる。

現在Brianは、ニュージーランド在住で2−3ヶ月を日本に滞在しビジネスを行なっている。また、青少年のためのリーダーシッププログラムの普及にも熱意を注いでいる。
2年程前に、私は息子の所属した高校アイスホッケーチームのためのセミナーを主催し、Brianを招いた。 Brianを前に、子供達が素直な気持ちで夢を語ることに感激した。恐らく日本の多くの若者達は、自分のビジョンや夢について考える機会も無く成長しているだろう。本当に残念に思う。本書を通じて多くの人に考え方を学んでいただきたいと考えている。

Brianと家族でお付き合いしている友人代表として、是非、多くの方に読んでいただきたい一冊である。
(16歳以上ならば、誰でも理解できる内容である。但し、経験を重ねるごとに読み方は、変化するだろう。)

参考URL : http://www2.shufunotomo.co.jp/webmado/detail.php3?isbn=4-07-237593-4

↑ このページの先頭へ