プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > プロマネへの道> 第12回 木村 勝さん

プロマネへの道

プロマネへの道

第12回 木村 勝さん

2007年6月26日

木村 勝さん(5) 住友化学システムサービス株式会社

仕事の流儀、マネジメントの勘所

能登原
技術部のミッションそのものもたいへんですし、部長というお立場ともなれば、責任も重いですね。それを遂行していく上で、あるいは、これまでの仕事を通じて、これは絶対にはずせないという仕事のやり方とか、木村さんなりの信念はなにかおありですか。
木村
まず「やる」こと … » 続きを読む

2007年6月 8日

木村 勝さん(4) 住友化学システムサービス株式会社

R/3の部分導入から全社展開へ

能登原
私は以前、協和発酵の情報システム部の方と対談させていただいた時に、「実はパッケージが、一番イテレーション開発に向いている」と言われました。パッケージなら、すでにシステムができているので、それをユーザー側にぱっと見せて感覚をつかんでもらって、どんどん直していけ … » 続きを読む

2007年5月25日

木村 勝さん(3) 住友化学システムサービス株式会社

東京へ転勤、R/3導入プロジェクトへ

能登原
新居浜のほうでやられていたのは何年くらいですか。
木村
4年くらいですね。それで「今度、住友化学さんがR/3を入れる」という話になって、それでこっちに来たのです。
能登原
東京ですか、大阪ですか。
木村
その時は、幕張にオフィスがありましたから、幕張に … » 続きを読む

2007年5月11日

木村 勝さん(2) 住友化学システムサービス株式会社

出身地の新居浜市にUターン転職

能登原
地銀のシステムも問題なく完成されたと思いますが、その後はどうされたのですか。そろそろ90年代に入りますよね。
木村
91年に僕はUターンすることにし、故郷の愛媛県に会社を探しました。僕は新居浜市の出身なのですけど、新居浜市には住友系の企業が多く、そこでシステ … » 続きを読む

2007年4月27日

木村 勝さん(1) 住友化学システムサービス株式会社

「ハードには不向き」と言われ、ソフトウエア畑に

能登原
今回の対談は、木村さんご自身の歴史を振り返ることで、読者の方に「プロマネになるまでの経験」を感じていただこうという趣旨ですので、よろしくお願いいたします。
(※ 現在は、技術部長)
そもそも木村さんは、最初からコンピュータに興味がおありで、シ … » 続きを読む

↑ このページの先頭へ