プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > プロマネへの道> 第7回 平鍋健児さん

プロマネへの道

プロマネへの道

第7回 平鍋健児さん

2005年11月18日

平鍋 健児さん(5) 永和システムマネジメント 取締役

自分が大胆に変わることから新しい何かが生まれる

能登原
平鍋さんのお話からは、ソフトウェアを介しての関係づくり、それにいわゆるネットコミュニティを使って、非常に上質な情報発信とコミュニティ作りができていることを感じますね。それがトヨタがやってきた伝統的な手法と呼応している部分がまた面白い。 … » 続きを読む

2005年11月 7日

平鍋 健児さん(4) 永和システムマネジメント 取締役

「関係的な価値」の重要性

能登原
おそらく平鍋さんの中で「見える化」の話とコミュニティは、どこかでつながりを持っているのではないかと思います。誰か他の人に伝えるために「見える化」が必要なわけですから。

平鍋
多分、個々の「もの」自体に価値があるというよりも、実は、物と物との関連、人と人との関 … » 続きを読む

2005年10月21日

平鍋 健児さん(3) 永和システムマネジメント 取締役

ネットコミュニティ「オブジェクト倶楽部」の誕生

能登原
現在平鍋さんがWeb上で主宰されている
「オブジェクト倶楽部」(http://www.objectclub.jp/)にいたる流れというのは、どういったものだったんですか。

平鍋
経緯を言いますと、永和システムに入社した時、僕は他にもいろ … » 続きを読む

2005年10月 7日

平鍋 健児さん(2) 永和システムマネジメント 取締役

地元貢献のメセナが事業の一つに

能登原
ちなみに、社員は今何人くらいなんですか。

平鍋
だいたい200人くらいです。金融の基幹系の開発、医療のシステム開発がもともと得意な会社です。第3次オンラインの開発参加がきっかけで、そこで大きく伸びていますね。今でも金融系と医療系の開発が会社の大きな柱で … » 続きを読む

2005年9月22日

平鍋 健児さん(1) 永和システムマネジメント 取締役

世界を震撼させるソフトウェアをつくりたい

能登原
この対談の趣旨は、読者、特に若い方にゲストを通してリアルな目標を持っていただくことなんです。現在、IT業界で活躍されているPMやエンジニアの方が、どういう経緯でこの業界に入られたか?悩んだり失敗したりしながら、どのようにして現在のキャリアを築い … » 続きを読む

↑ このページの先頭へ