プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > ITの達人 > 林 衛達人のコラム> 集中力を高め成果を出す

2013年8月28日

集中力を高め成果を出す

集中力を高めて、成果を出すためには、何が必要だろうか。

結果を早く得たいがために、焦ってばかりで、前に進めなくなる人がいる。急に何かを推し進めようとしてもなかなかうまくいかないだろう。なぜならば、こころとからだの準備と段取りができていないからだ。仕事でも勉強でもスポーツの世界でも高い成果を出すための条件として集中力は、必須である。

私は、高い集中力で成果を得るには、3つのポイントがあると考えている。

1. 心と体の準備を行う
2. 成功のイメージを創りあげる
3. 目標達成へのステップを細かくして、小さな目標に集中する

最初のこころとからだの準備は、無に近い状態をあえて創るところから始める。つまり、心と体を一旦、ゼロに近い状態にすることにより、常に冷静で、周囲の状況を知覚できるようにする。例えば、自然の音に耳を傾けたり、こころの落ち着く音楽を聴くと効果的である。深呼吸をして体から力を抜き、何事にも対処できる静かな状態を認識し、感度をあげてから、目標に向かっていく。

次の成功イメージ創りは、頭の中の問題である。冷静に大きな目標を定め、成功した時の姿をイメージする。ネガティブな考えは、頭から消し去り、成功イメージだけを描く。できれば、動画やカラーで、成功した姿を描く。そしてイメージを反芻しはっきりと記憶する。成功イメージは、論理で考えるのではなく、どちらかと言えばアートの世界の想像力に近い。

ここまでの2つの段階は、人により到達時間は異なる。ある人は、2-3分で到達するかもしれないし、別の人は、1時間かかるかも知れない。

さあ、ここまで来たら徐々に集中していくことができる。3つ目の段階は、目標達成のためのステップを小さな単位に分けて、それぞれに達成可能なハードルを設ける。小さな目標を今の瞬間の目標に決め、集中する。集中力を最大限に高めて目標とする時間と品質を目指し必ず達成する。ここでの要点は、扱いやすい小さな目標を自分自身に課し、逃げずに、しぶとく、泥臭く、自分のできる集中力を最大化し、死に物狂いで達成することである。できたら、自分をほめる。そして、休む。次々と小さな目標に立ち向かう。

集中力は、能力の問題ではなく、習慣や考え方の問題である。

| トラックバック[0件]

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.promane.jp/blog_manager/mt-tb.cgi/989

↑ このページの先頭へ