プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > ITの達人 > 林 衛達人のコラム> サイバーエッセイ

ITの達人(林 衛達人のコラム)

林 衛達人のコラム

サイバーエッセイ

2001年4月 1日

サイバーエッセイ 第9回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)
 
最終回のテーマは、プロセスの改善とプロジェクト管理の話題です。

1.イントロダクション

21世紀に、求められるITプロジェクト管理とは、どういうものか考えてみよう。

CBOPで、推進しているオブジェクト技術を生かすも、殺す … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

2001年3月 6日

サイバーエッセイ 第8回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)
 
さて、今回はITIが直面しているプロジェクト管理について述べましょう。 弊社は、お蔭様で設立後、2年8ヶ月を無事に過ごすことができ、お客様とともに成長させていただくことができました。

この3年間で私どもが、お客様と一緒に考え、悩 … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

2000年7月24日

サイバーエッセイ 第7回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)
 
サイバーエッセイ第6回に引き続き、プロジェクトマネジメントについて述べていきます。

プロジェクトの崩壊

プロジェクトの崩壊は、いくつかの単純な原因の組み合わせにより引き起こされるように私には見えます。最高の技術を結集して打ち上げ … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

2000年4月 3日

サイバーエッセイ 第6回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)
 
今回からは、プロジェクトマネジメントの側面から見たカルチャー・チェンジについて語って行きたいと思います。

システム開発・精神と物質について

五感のみを信ずる開発は失敗します。なぜならば、人の意識、目標への執着、意志の強さなど、心 … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

2000年1月 7日

サイバーエッセイ 第5回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)  

今回は前回に引き続き、90年代の海外ベンダーのお話をする事にします。

私の方法論履歴書 その2

さて、90年代に入ってから私の関わる会社は益々多様になってきました。情報システムの経営に与えるインパクトは、加速度的に大きくなり … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

1999年10月19日

サイバーエッセイ 第4回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)  

皆さん、これから2,3回に渡って、ヨーロッパとアメリカで私が関わったさまざまな会社、そこで学んだ技術、さらに自社での技術開発の歴史についてを紹介していこうと思います。今回は80年代から90年までを紹介します。

私の方法論履歴書 … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

1999年9月 8日

サイバーエッセイ 第3回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)  

英国での生活

私が最初に渡英したのは、1985年です。バブルの前の時期で、日本の経済成長、海外進出が最も盛んな時代でした。渡英して、最初から仕事も遊びも手を抜くことなくどんどんこなしました。最初の一週間は緊張がありましたが、二週 … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

1999年8月 9日

サイバーエッセイ 第2回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)  

今回からシリーズで「方法論の国へから多様な技術の世界へ」をお送りしたいと思います。まず、私と方法論との出会いについて、述べておきましょう。

方法論(メソドロジー)の最先端の国へ

1985年7月30日、成田発アンカレッジ経由ロ … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

1999年7月 1日

サイバーエッセイ 第1回

(このエッセイは1999年~2001年に執筆されたものです。)  

コンサルタントの使命

私が、一般的なアプリケーション・エンジニアの世界から、システム化方法論や開発ツールの世界へ飛びこんで、かれこれ15年が過ぎようとしています。これまでに、私はコンサルタントという立場で、多くのプロジェクトを通 … » 続きを読む

| トラックバック[0件]

↑ このページの先頭へ