プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > ITの達人 > 能登原伸二達人のコラム> インド出張記からblogの始まり!!

ITの達人(能登原伸二達人のコラム)

能登原伸二達人のコラム

メイン | なぜ、インドではCMMが根付くのか? »

2006年7月18日

インド出張記からblogの始まり!!

こんにちは。能登原です。
心身ともに準備が整い、blogを始めることになりました。
一日一日感じたり、考えたことを素直に書いていこうと思っています。

インドのプネってどこ?
先々週、インドのムンバイ(旧ボンベイ)で爆弾テロが発生したことは、新聞で読んだ方の多いと思いますが、その3日前にインドのムンバイ空港から日本へと向かっていました。
弊社ではインドのソフトブリッジ社と組んで、グローバルSEを育成するために、日本のSEをインドのプネで研修する事業を行っています。プネという都市はインド西海岸の大都市であるムンバイから200km内陸に入ったプネ大学を中心とした学園都市です。
その事業の視察ということで、インドへ行って来ました。現在、インドは雨季で街中水浸しでした。(日本も梅雨の真っ最中で日本中水浸しですが。)暑い国インドという印象だったのですが、行ってみると涼しいし、緑は美しい季節でした。

PICT0003.JPG

また、インド料理は良いレストランに連れってもらったこともあり、とてもおいしかったです。カレーも様々な種類があり、チキンやマトン、あるいはインドではベジタリアンが多いので、ベジタリアン用のカレーも用意されています。何種類ものカレーをナンに絡ませて食べるのですが、付け合わせとしてたまねぎに塩、胡椒を振りかけたものを食べるのが流儀のようです。ご飯と味噌汁に漬物を合わせる感覚でしょうか。
初めて経験ということもあり、兎に角食べ過ぎてしまい、胃にもたれました。
旅行中は問題なかったのですが、帰ってから胃の調子が悪くなり困っています。これもインド体験の一つなのでしょう。
今まで、担当から話を聞いていたのですが、話で聞くのと実際に体験するのとは、やはり大違いで、文化、気候、衣食住の環境の違いを肌で感じました。郷に入れば郷に従えとはよく言ったもので、仕事の仕方も現地に合わせて変えないといけない部分があると思いました。

コメント[0件] | トラックバック[0件]

コメントを書く

名前もしくはニックネーム(投稿者名として表示されます)※必須

メールアドレス(ページには表示しません)※必須

URL

コメント(スタイル用のHTMLタグが使えます)

 

※コメントは承認後に公開されますので少々お待ちください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.promane.jp/blog_manager/mt-tb.cgi/413

↑ このページの先頭へ