プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > ITの達人 > 能登原伸二達人のコラム> 正面突破することの大切さ

2007年10月15日

正面突破することの大切さ

弊社の行動指針に元々「お客様の感動を呼び起こせるよう、期待以上の成果を目指します。」という一節があるのですが、これを継続的に続けていくことは、なかなか大変なことだと実感しています。

弊社が創業以来、蓄積してきた”Modusシリーズ”に代表されるノウハウを利用して、お客様の期待に応えている状態は最も理想的な弊社としても得意パターンです。
しかし、世の中は日々進歩し、便利なサービスが提供されていくその裏側で、情報システムは益々巨大化、複雑化していきます。
そのような状況において、お客様のニーズはより高度に、そしてスピードも求められることになります。そのような難しい要求にそうそう簡単に応えられる場面ばかりではありません。弊社の得意パターンに持ち込める案件ばかりでもありません。

しかし、ベンチャー企業の宿命でもあると認識しているのですが、あえて難しいニーズに正面から立ち向かい、突破していく必要があると思っています。弊社が一部上場企業と競合し、仕事を取っていくためには、何らかの優位性、参入障壁にあたる”価値”を持っていることが必須です。そのためには、現場の仕事の中から、その価値を得ていくしか方法がありません。

考えて見ると当たり前のことなのですが、このようなチャレンジ精神こそ、ベンチャー企業の根本なのだと思っています。

コメント[0件] | トラックバック[0件]

コメントを書く

名前もしくはニックネーム(投稿者名として表示されます)※必須

メールアドレス(ページには表示しません)※必須

URL

コメント(スタイル用のHTMLタグが使えます)

 

※コメントは承認後に公開されますので少々お待ちください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.promane.jp/blog_manager/mt-tb.cgi/527

↑ このページの先頭へ