プロジェクトマネジメント、プロジェクト管理におけるポータルサイト

HOME > ITの達人 > 能登原伸二達人のコラム> のとはらブログ相談(1) 品質の良い安定運用のための戦略と戦術

2007年11月16日

のとはらブログ相談(1) 品質の良い安定運用のための戦略と戦術

【質問】

■ご相談テーマ
プロジェクトマネジメント、品質管理、運用・保守

■課題・ご相談内容
品質の良い安定運用のための戦略と戦術


【回答】

今回は運用に関する相談ですが、とても抽象的なご相談なのでなかなか回答が難しいですね。
ただし、品質を高めるということでは、システム開発と同様の発想で良いと思います。
戦略として、一口で言うと組織の成熟度を向上させることだと思います。
どの企業でも保守・運用部門があると思いますが、個人の能力に頼るのではなく、組織としてプロセスや標準を整備し、それに従って組織や役割を設定した上で、人を育成、調達し、保守・運用の能力を上げていくことです。
戦術としては、PDCAサイクルで考えることをお奨めしています。

(1)Plan(計画)
運用に関する組織やプロセスのモデルを基に自社の運用のプロセスモデルを設計し、それに沿った組織を作った上で、年間の活動計画を決めます。
運用のモデルとしてはITILを参考にすると良いでしょう。

(2)Do(運用の実施)
計画したプロセスに基づいて、運用を実施します。
実際の運用業務を実際する中で、若手を育てていきます。

(3)Check(問題・課題の抽出)
実務で発生した問題や課題を抽出して、当初計画を評価します。元々の運用モデルや年間計画に不備があるかどうか、根本原因は何かを考察します。

(4)Action(改善策の実施)
運用時の問題・課題の根本原因の改善策を検討し、実行します。そして、また次の計画を立案することになります。
このように、PDCAサイクルを年間で回しながら、スパイラルに組織の成熟度上げていくことが、結果として品質を高めることに繋がると考えています。


具体的なお話が可能であればメール、もしくは無料相談会お申し込みフォームからご連絡ください


コメント[0件] | トラックバック[0件]

コメントを書く

名前もしくはニックネーム(投稿者名として表示されます)※必須

メールアドレス(ページには表示しません)※必須

URL

コメント(スタイル用のHTMLタグが使えます)

 

※コメントは承認後に公開されますので少々お待ちください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.promane.jp/blog_manager/mt-tb.cgi/537

↑ このページの先頭へ